競艇(ボートレース)のチルトとは?【角度やレース展開への影響や予想法を解説】

チルトとは?

競艇ボートレース)素人のどこにでもいるサラリーマンが、兄の影響で競艇ボートレース)に興味を持ちブログまで書き始めました。 
競艇ボートレース)で勝てる稼げる)人はいるのかと考えたときに見つけたのが、勝てる稼げる)情報を配信す競艇ボートレース予想サイト。 

中には高額な情報料金を請求し、当たらない買い目を提供する悪徳詐欺サイトも存在するようだが… 
ココでは競艇ボートレース予想サイト予想情報をメインに検証し、本当に勝てる稼げる優良競艇ボートレース予想サイトを見つけるため、日々日々更新していきます! 

本当に勝てる稼げる優良競艇ボートレース予想サイト認定した予想サイトはいくつかある。

その中でも僕が実際に≪直近≫で利用した優良サイトの参加実績をみんなに共有したりLINE@ともだちが情報提供してくれた的中タレコミ情報を【トーシロとLINE@ともだちの実績公開広場】で公開中!!

最新の情報をもとに優良サイトの今アツいプランを教えちゃいます!!
適切なプラン選びでみんなで競艇ボートレース勝とう稼ごう)!!

【2021年1月16日更新】最新の実績公開広場こちら↓↓競艇 ボートレース 優良 予想サイト 稼げる 勝てる 当たる 帯封 オススメ 公開 タレコミ情報

競艇ライナー 競艇LINER 競艇IMPACT 競艇インパクト ClubGinga クラブギンガ VMAX ブイマックス 競艇 ボートレース 優良 予想サイト 稼げる 勝てる 当たる 帯封 オススメ 公開 タレコミ情報

ということで、今日は『競艇ボートレースのチルト』について書いていくよ〜!
今日でしっかり覚えていこう。

チルトとはなにか?

競艇選手 チルト 予想コツボートにモーターを取り付ける角度をチルトといい、チルトアジャスターという部品で調整する。取り付け角度が小さいほど出足が強くなり、逆に角度が大きくなるほど伸びが良くなるといわれているものだね。
レース場によって使える角度に違いはあるが、おおむね「-0.5度、0度、0.5度、1.0度、1.5度、2度、3度」となっている。

チルト角度によるメリットとデメリット

チルト角度をプラスに調整した場合は、ボートの舳先が上を向きます。
この場合、ボートの接水面積が減り、抵抗が少ない分直線でのスピードが出やすくなるというメリットがあります。
しかし、このチルトを大きくプラスにするとスピードが出る反面、接水面積が少ないことによりボートが不安定で乗りずらくなります
また、スタートやターンが難しくなるといったデメリットも伴います。

逆にチルト角度をマイナスに調整した場合には、ボートの舳先は下へ向こうとします。
ボートの接水面積が増えるため、ボートが流されにくく安定したターンができるというメリットがあります。
しかし、直線時にスピードが出にくいといったデメリットがあります。

チルト角度に制限がある競艇場

最大チルト角度 競艇場
+0.5 戸田
+1.0 桐生
+1.5 びわこ・住之江・若松・福岡・大村
+2.0 江戸川・徳山
+3.0 他ボートレース15場

狭い競艇場、ターンがしにくい水面ではチルト上限が厳しめです。
安全面を考慮してのことだとは思うが、戸田なんかはそうかもね。
戸田競艇場はコースの幅が全国で1番狭いことが理由でチルト角が3種類しか選べないみたい。

例えば、1マークを回った艇が対岸ギリギリを走ることがありますが、もしこれが水面に弾かれたり流されたりしていたら、対岸に突っ込んでしまう危険性がある。
チルト角をプラスに調整するほどボートは上を向き不安定になるため、転覆などの事故がないよう環境に合わせてチルト角度の調整幅が決められているわけだね。
江戸川は荒れ水面でターンが難しいのにチルト制限は「+2.0度」までなんだよね。

実際にレースを見てみるとチルトを下げている人のほうが多い。

現在主流のチルトは?

競艇選手 チルト 予想コツ

現在のチルトの主流は「-0.5度」で、前に記した通り接水面積を増やしてボートの安定性を上げる調整のことだったね。

なぜ「-0.5度」が主流かというと、SGで戦う一流選手のほぼ全員がチルトを下げている事実があるからだ。
競艇界全体で考えても「-0.5度」が主流と言えるかな。

一見スピードが上がるチルト上げ調整のほうが有利かと思うが、伸び足を犠牲にしても、スタートやターンが良いほうがレースを有利に運ぶことができるみたいね。

チルト0.0度や0.5度に注目

4コースの艇がチルトを上げている場合、スタートが早ければ締めまくりが決まることがあることに注目したい。すると、1~3コースの艇は進路がふさがれてしまうので、前に出ることが難しくなってしまう。5コースの艇は4コースの艇に付いて行くだけなので、2着を獲りやすくなる。

4コースの艇がチルトを上げているときの1着-2着は、「4-5」ということになるね。

チルト角を大きく上げる選手に注意

チルト角を大きく調整する選手はあまりいないが、一発を狙う選手がときどきいる。
うまくいけばとても強いが、安定性が大きく下がるため上手い選手でないと扱いきれないかもね。

スピードは速いので、最大チルト角度のチルト3.0度の艇は、1着か6着と考えていいかもしれない。
つまり、チルト3.0度の艇は1着だけを意識すればいいということだね。

チルトを上げる選手はいるのか?

チルトを大きくハネて調整する選手はあまりいないということが分かったが、チルトをよくハネて調整する選手も実際にはいる。
それが阿波 勝哉(あわ かつや)選手だ。
どんな選手か見てみよう。

阿波勝也
阿波 勝哉(あわ かつや)のプロフィール
生年月日 1973年4月18日
身長 165cm
体重 55kg
出身 東京都
登録番号 3857
級別 B1級

阿波 勝哉は、たとえ1号艇であっても、6コースに進入するほどのアウトコース一貫のアウト屋だ。アウト一筋の戦法は、インコースが絶対有利とされている競艇界では、異色でありファンから期待されていた。

得意戦法はまくりで、チルト角度は出場する競艇場で許可されている最大の角度に設定する戦法で、エンジン整備においては、伸び重視という、いわば阿波仕様と呼ばれるほど、独自の整備を行っていた。

2012年4月にプロペラの規定が変わり、選手個人の持ちペラが廃止され、競走場のモーターに備え付けられたペラを使用しなければならなくなった為、極端に伸び型仕様のペラを作り戦っていた阿波にとっては大きな逆風となり、B級に陥落するなど再び低迷している。
現在は、平和島や多摩川ではチルト1.0度に設定することが大半。
それでもほかの選手に比べると大きいね(笑)

ナイターで競艇初心者でも稼ぐための必勝法

競艇・予想・優良・悪徳・評価・評判・口コミ・検証・ランキング

予想をする上で様々な情報を収集して的中を狙う予想のプロがいる。

競艇(ボートレース)で稼ぎたいけど知識も経験もゼロ。」
「もっと楽して稼げるようになりたい。」
「情報収集して稼ぎたいけど、そんな時間や労力をかけるのはちょっと・・・」

という方には競艇ボートレース予想サイトオススメだ。
競艇ボートレース予想サイトとは、個人では難しい膨大な情報の収集や、データ解析・分析し、僕たちの代わりにレースを予想し、買い目提供するサービスを行っているサイトだ。


優良サイト一覧へ class=

今やたくさんの競艇ボートレース予想サイトが存在しているが、そのほとんどは無料会員登録ができ、無料予想を提供してくれるサイトも多い。
とりあえず手っ取り早く稼ぎたい方にはこういう手段を使うもアリだろう。

↓↓↓もーっと基本的な『競艇の稼ぎ方』に関しては別の記事で書いてまーす。↓↓↓

◆◇◆競艇(ボートレース)の稼ぎ方!~優雅なサラリーマン生活を送るための必勝マニュアル~◆◇◆
競艇ボートレース)で利益を上げる秘訣はここにあった?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。