競艇(ボートレース)のスタート展示タイムとルールを簡単解説!【一流の予想家が見逃さないポイントとは?】

競艇 スタート

競艇ボートレース)素人のどこにでもいるサラリーマンが、兄の影響で競艇ボートレース)に興味を持ちブログまで書き始めました。 
競艇ボートレース)で勝てる稼げる)人はいるのかと考えたときに見つけたのが、勝てる稼げる)情報を配信す競艇ボートレース予想サイト。 

中には高額な情報料金を請求し、当たらない買い目を提供する悪徳詐欺サイトも存在するようだが… 
ココでは競艇ボートレース予想サイト無料予想情報をメインに検証し、本当に勝てる稼げる優良競艇ボートレース予想サイトを見つけるため、日々日々更新していきます! 

ということで、今日は『競艇ボートレースのスタート展示タイム』について書いていくよ〜!

スタート展示タイムとは?

競艇 start

レースに出る6艇が実際にコースを走り、モーターの状態などをチェックする上で重要なのが、展示航走です。展示航走は、スタートのリハーサルとも言えるスタート展示と、1号艇から順番にレースコースを2周する周回展示に分けられています

スタート展示前の待機行動中にアクシデント(転覆やボート破損など)が発生した場合その艇は周回展示に参加できなく更に本番レースに出走できず欠場(関係する舟券は全て返還)となります。

また、スタート展示でのフライングは特にペナルティが無いから、展示タイムだけで判断してはいけないね。

スタート展示で見るべきところ

ピットアウトから始まって、本番と同じ形でスタートし選手は待機行動というコース取りの駆け引きをします。

選手が本番レースでどんなコースに入ろうとしているのか、各艇の考えをスタート展示で読むことができます。
基本的には枠なり進入が多いですが5号艇や6号艇が内側のコースに入る前付けもあります。
しかし、待機行動で5号艇や6号艇が内側のコースに入る前付けを行ったとしても、本番のレースでは全くそんなそぶりを見せず、枠なり進入をするなんて事もあるのでそのまま鵜呑みにしてはいけないです。

スタート展示では、レースを行う競艇場で選手がスタートタイミングについて充分な練習が行われていれば、当然展示航走の時でもそれなりに良いスタートになるはずなので、いくらフライングや出遅れのペナルティが無いからと言って、スタートタイミングが展示で早すぎたり遅すぎたりする選手は、プロフェッショナルのレーサーとして意識がそれほど高くない、もっとわかりやすく言えばヤル気が無い証拠になるね。

周回展示とは?

スタート展示を終えた選手は、1号艇から順番に周回展示に移ります。
ホームストレッチに入ってきた選手は、第1ターンマーク→第2ターンマークと順次回ってレースコースを2周回します。
こちらでは実際にターンなどが見れるので、選手の直前の調子を見ることが出来ます。

周回展示で見るべきところ

ターン
競艇 ターン

ターンマークを外していないか、流れていないか、そして艇が暴れていないか、ここをよく見ておくことが実際のレースのイメージに繋がります。

周回展示で一気に向きを変えて立ち上がっていく選手は調整がばっちりあった、機力の良い選手だと言えます。

逆に、周回展示中にハンドルを切り足す選手はモーターやペラの調整がうまくいってない可能性があります。
振り込まないように慎重に走っている機力がよくない選手であると言えます。

しかし、少し注意したいのがスピードの遅い選手は切り足さずにターンしていても、単にスピードを落としてターンしているだけかもしれないということ。

あえて全力を見せずにうまく隠しているなんて事もあり得るからよく見て判断したいところだね。

もう一つ注意するべきポイントは、周回展示では、競争相手がいないので選手として走っている人たちは基本的にプロであり上手いのが前提なのでターンだけを見ていても特に競艇を始めたばかりの人は参考にしづらいと思います。

逆に言うと下手な人がいる場合は、本番のレースでも活躍できない可能性があるので候補から外しやすいでしょう。

立ち上がり
競艇 立ち上がり

ターン後の立ち上がりには注目したいです。
ターン時に減速したスピードが、再びまたトップスピードに乗るまでの加速感を見ておくといいでしょう。
ボートの加速はモーターによって決まってしまいます。
基本的にモーターの性能自体は同じでしょうが選手が感じる相性であったり、選手自身の調整によって変化があるのでここで差が出てくるでしょう。

もし立ち上がりが良ければ、レースでターンマークを周った瞬間に遅れていたような艇でも2マークまでに追いつける可能性があります。

立ち上がりが悪いと、せっかくイン逃げを決めてもターン後に差を詰められ、ゴール直前で抜かされる事もあります。

しかし、実際に立ち上がりがいいか悪いかを目視で確認するのは難しいです。
そのために展示タイムを参考にするのが展示タイムって事だね。

展示タイムからの予想

1号艇が展示タイムで1位だった場合に1着を取る確率が54%程です。
逆に1号艇が展示タイムで6位だった場合には、1着を取れる確率が35%程まで下がってしまいます。
また、2着以下でも展示タイムが良いほど良い着順になっています。
これは他の艇でも同じように、1位だった場合と6位だった場合で、10%前後1着率に変動が出ます。

つまり、展示タイムが1位の艇は、期待できる艇と言えるね。

ナイターで競艇初心者でも稼ぐための必勝法

SPEED

予想をする上で様々な情報を収集して的中を狙う予想のプロがいる。

競艇(ボートレース)で稼ぎたいけど知識も経験もゼロ。」
「もっと楽して稼げるようになりたい。」
「情報収集して稼ぎたいけど、そんな時間や労力をかけるのはちょっと・・・」

という方には競艇ボートレース予想サイトオススメだ。
競艇ボートレース予想サイトとは、個人では難しい膨大な情報の収集や、データ解析・分析し、僕たちの代わりにレースを予想し、買い目提供するサービスを行っているサイトだ。


優良サイト一覧へ class=

今やたくさんの競艇ボートレース予想サイトが存在しているが、そのほとんどは無料会員登録ができ、無料予想を提供してくれるサイトも多い。
とりあえず手っ取り早く稼ぎたい方にはこういう手段を使うもアリだろう。

↓↓↓もーっと基本的な『競艇の稼ぎ方』に関しては別の記事で書いてまーす。↓↓↓

◆◇◆競艇(ボートレース)の稼ぎ方!~優雅なサラリーマン生活を送るための必勝マニュアル~◆◇◆
競艇ボートレース)で利益を上げる秘訣はここにあった?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。